\植物たちと楽しく暮らそう!/ 【ITANSE(イタンセ)】では、ハーブ・エアプランツ・多肉植物などの人気植物をはじめ、世界の珍しい種子・野菜苗・球根・植木・栽培セットからハーブティーや食品類まで幅広く販売しています。 "> Your SEO optimized title
2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2022年 07月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
 
 
 
 
 
 
 

トップ > 球根類 > 【送料無料】じゃがいもの種芋 品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園



【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園
【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園
【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園 【送料無料】じゃがいもの種芋  品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園
拡大画像

【送料無料】じゃがいもの種芋 品種:インカのめざめ【野菜種芋/1kg(充填時)】じゃがいも ジャガイモ じゃが芋 種芋 種いも たねいも 家庭菜園

【インカのめざめの特徴】

インカのめざめは(独)農業・食品産業技術総合研究機構北海道農業試験場において、1987(昭和63)年に、南米アンデス地域の在来種とアメリカ品種との交配から生まれた「W822229−5」と国際ポテトセンターから導入された黄肉種の「P10173−5」を交配させ生まれた実生から選抜育成されたジャガイモで、1997(平成9)年に品種登録の出願が出され、2001(平成13)年2月に登録されました。

茎長は短く、茎の太さは細く、色は緑で基部が紫色を帯び、分枝が少なくなっており、地上部全体が小さく、そう性はやや開張です。
葉はやや小さく濃緑色で、縁は波打っています。
花は淡紫色で、桜の花の形に似ています。
つぼみのうちに落ちるものが多く、花数は少ないですが、極まれに自然結果します。

一般的なじゃがいもの糖度が4〜5度に対して、インカのめざめの糖度は6〜8度と、甘味が特徴です。
重さが平均50g前後と、小ぶりなじゃがいもで、果肉はきれいな黄色をしています。
肉質はやや粘質できめが細かく、舌ざわりがとても良いです。
皮を剥いた後の変色もほとんどなく、加熱調理したも綺麗な濃黄色が活かせます。
煮崩れしにくいので、シチューやカレー、肉じゃがなどの煮物に向いていますし、揚げ物にも変色しにくく綺麗に仕上がります。
皮が薄いので皮ごとでも召し上がれます。

一般的な男爵と比べ、でん粉価が高く、調理加工性に優れ、独特の風味があります。
小ぶりのじゃがいもですので、大型機械では取りこぼしが多くなることや、収穫量が少なく休眠期間が極めて短いため、長期保存に向いていない事などから、大規模栽培には適さない品種で、生産量は限られており、他の品種より市場には出回っていません。
長期保存には向かない品種なので、なるべく早く消費します。
新聞紙で包んでからポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存すると良いです。


【春植えじゃがいもの特徴】

■収穫量が多い傾向がある
春植えのジャガイモは、秋植えに比べて収量が多い傾向にあります。
早春〜初夏にかけての温暖な気候と、だんだんと長くなる日照時間によって、生育が良くなるのでしょう。
春植えのジャガイモは、発生するイモの数も増え、1個1個のイモの大きさも大きくなりやすいのが特徴です。

■タネイモを切ることができる
春植えの場合、タネイモを切って植え付けることができます。
大きめのタネイモを選び、ナイフなどで切って植えることで、準備するタネイモの数を減らすことができます。切り口には草木灰をつけることで腐敗の予防が出来ます。


【じゃがいもの種芋について】

※内容量は充填時の重さです。特性上、少しづつ水分が蒸発し軽くなっていきます。
※芋の大きさは選べません。大小MIXになります。
※種芋です。食用ではありません。(種芋も何の問題も無くじゃがいもとして食べることが出来ますが、種芋用に管理された種芋用の畑で生産された芋です)
※お届け時に芽が少し伸びていることがありますが、植え付けには問題ありません。
※高温期につき腐敗する場合がありますので、到着後速やかに通気性の良いところに移してください。
※じゃがいもは芽が動きやすいのですが、芽かきをするとそこから芽が出ないことがありますので、そのまま植え付けてください。
※種芋としての検査に合格した、健全な種芋のみ販売しております。


学名:solanum tuberosum L.
英名:potate
原産地:南米アンデス山脈高地
草丈:60〜70cm
収穫期:6月中旬〜下旬(地域・作型による)
耐寒性:やや弱い
耐暑性:弱い
栽培難易度:育てやすい

【育て方】

■植え付け

本州基準では1月下旬から2月頃に植え付けます。芽がよく出ている方を上にして、7〜8cmほど土をかぶせます。株間は25cm程です。
プランターの場合は、深さ30cm程の深めのものを選びます。大きな芋は、芽のくぼみが残るように2つか3つに切って、切り口に草木灰などを付けて乾かしてから植え付けることもできます。

■肥料
地植えの場合は、元肥として、窒素・リン酸・カリが8:8:8などの化成肥料を施します。
※pHは5.0〜6.0が良いです。pHが高過ぎると、そうか病にかかりやすくなる為、石灰の施しすぎ(1平方メートルにつき50gまで)に注意します。
プランターの場合は、市販の野菜用の培養土に元肥が含まれているので、肥料を足す必要はありません。

■追肥
1回目は、芽かきのタイミングで行い、2回目はつぼみが付いた頃に行います。

■芽かき
芽が10cmほどの高さまで生長したら、状態の良いものを1〜2本残します。

■土寄せ・増し土
芋が日光に当たると緑化し、品質が劣化したり、ソラニンという毒素が増えて食べられなくなる原因となります。
また、増し土を行うことで大きなイモが生育するスペースを作ります。

・1回目
芽かきや追肥と同じタイミングで行います。
株の根本に新しい土を5cm程足します。

・2回目
つぼみがつき始めたら2回目を行います。
株の根本に新しい土を10cm程足します。芋が土から出ないようにしっかりと足します。

■収穫
花が咲き終わると、茎や葉が黄色く枯れ始めますので、収穫します。
※じゃがいもの芽や、緑色に変色した実の部分は、ソラニンという有毒アルカロイドを含むので注意が必要です。
※収穫後のじゃがいもを日当たりの良い場所にずっと置くと緑化するので、日の当たらない場所で保存します。

★種芋の中には品種や生産地などにより下記の症状が見られることがありますが、いずれも生理障害で病気ではなく、そのまま植え付けても生育には問題ありません。
※タネイモの表面にシワがよっている。
※切った内部に空洞や黒〜褐色の斑点がある。
※表皮が緑色がかっていたり、黒〜褐色の斑点やシミのようなものがある。
※表皮にメロンのようなネット模様や裂け目、爪の形をした切れ目がある。

【じゃがいもの植付けQ&A】

Q:収穫したジャガイモは、タネイモとして使える?
A:毎回、新しいタネイモを購入したほうが無難です。
収穫したタネイモは、使えないわけではありませんが、ウイルス病などにかかっていた場合、収穫量が減ってしまう可能性があります。
園芸店や種苗店などで販売されているタネイモは、北海道などの高冷地で、厳格な管理のもとで栽培されているものが多く、検査でウイルス病に侵されていないことが確認済みです。
なお、ウイルス病にかかっていても、食べるぶんには問題はないので安心してください。

Q:植えつけの際、タネイモは必ず切る?
A:小さいタネイモであれば、切らずにそのまま植えつけます。
タネイモ1個の大きさの目安は30〜40gで、それより大きなイモは、各片に芽が均等につくように切り分けます。
小さすぎるイモは、植えても収穫量は期待できないので、使わないほうが無難です。

Q:「芽かき」の理由とその方法は?
A:ジャガイモは、植えつけると芽が5〜6本同時に出てくるのが普通です。
1株から収穫できる重量は決まっているので、芽の数が多いと、その分個数は多くなりますが、イモの大きさは小さくなります。
そのため、使いやすいM〜Lサイズのイモを収穫したいなら、1株当たり芽が1〜2本になるように間引いて育てることが大切です。
芽かきは、植えつけから約1か月後、草丈が10〜15cmになったら、生育のよい芽を1〜2本残してほかは根元から引き抜きます。
力まかせに引くと、タネイモまで抜けてしまうので、残す芽の根元をしっかり押さえて、ゆっくりと引き抜きます。

Q:ジャガイモの花は摘み取ったほうが収穫量が多くなる?
A:花を摘み取ったほうが、その分の栄養がイモに回り、収穫量がふえることは事実です。
しかし、とてもわずかな差なので、そのまま残しておき、可憐に咲く淡い色の花を観賞するのも楽しみの一つでしょう。

Q:収穫時期の見分け方は?
A:関東近辺では、ジャガイモの収穫時期は、5月下旬から6月上旬ごろが主流です。
時期を見定めるには、茎と葉が黄色くなってきたころを目安にするのがよいでしょう。
イモの太り具合を確認するため、1〜2株、試し掘りをしてみてもよいでしょう。

Q:イモの表面がかさぶた状になった。
A:可能性として、「そうか病」が考えられます。
そうか病は、イモの表面に茶色や黒のかさぶたのような病斑ができるのが特徴で、主に石灰のやりすぎや連作などが原因で起こるといわれています。
アルカリ性の土壌(土壌酸度が7.0以上)で発生しやすいので、土壌酸度を適正に保つようにし、ナス科の連作をしないようにしましょう。
ちなみに、多くの野菜はpH6.0〜6.5の弱酸性でよく育ちますが、ジャガイモはpH5.0〜6.0前後を好みます。
石灰を入れすぎると土がアルカリ性に傾き、そうか病を招くおそれがあるのでくれぐれも注意します。

Q:収穫したジャガイモが緑色になった。食べられる?
A:ジャガイモのイモの部分は、「塊茎(かいけい)」といって地中にある茎の先端が肥大したものなので、地表に露出して日光にさらされると緑色に変色する性質があります。
イモの緑色の部分や新芽の部分には、ソラニンという有毒な成分が含まれており、独特のえぐみがあるので、皮を厚めにむいて取り除きます。
取りきれないときは食べないほうがよいでしょう。
イモが緑色にならないようにするためには、しっかりと土寄せをして、イモが地表に出ないようにすることが大切です。

【お読みください】種芋は生ものですのでお届け時には、球の大きさなど掲載画像と異なったイメージになる場合が御座います。種芋の状態を確認し、問題が無い事を確認して出荷しております。商品到着後は早めの植付けをお願いします。商品到着後、お客様による保存後の品質劣化には返金などの対応はしておりません。ご了承ください。種芋です。食用ではありません。重さは充填時のものです。特性上、少しづつ水分が蒸発し軽くなっていきます。芋の大きさは選べません。大小MIXですが、ロットにより大きな芋になったり小さな芋になることがあります。お届け時に少し芽が伸びていることがありますが、植え付けには問題ありません。保存中に腐敗する場合がありますので、到着後速やかに通気性の良い凍らないところに移して早めに植え付けてください。
商品コード : ken00075
価格 : 4,280円(税込)
ポイント : 30
数量    売り切れ
 

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • ※背丈・株張りなどは出荷タイミングや毎年の気象などで、小さくなったり大きくなったりすることがあります。
    ※苗の大きさの大小はその後の生育には大きく影響しません。
    ※弊社基準に達した苗のみ出荷しております。ご了承ください。
    ※植物アレルギーのある方は、栽培にも利用にも注意が必要です。
    ※植物には個体差があります。生育や収穫量などは毎年の気候や栽培環境により変化します。
    ご了承ください。

  • インカのめざめは(独)農業・食品産業技術総合研究機構北海道農業試験場において、1987(昭和63)年に、南米アンデス地域の在来種とアメリカ品種との交配から生まれた「W822229−5」と国際ポテトセンターから導入された黄肉種の「P10173−5」を交配させ生まれた実生から選抜育成されたジャガイモで、1997(平成9)年に品種登録の出願が出され、2001(平成13)年2月に登録されました。

    茎長は短く、茎の太さは細く、色は緑で基部が紫色を帯び、分枝が少なくなっており、地上部全体が小さく、そう性はやや開張です。
    葉はやや小さく濃緑色で、縁は波打っています。
    花は淡紫色で、桜の花の形に似ています。
    つぼみのうちに落ちるものが多く、花数は少ないですが、極まれに自然結果します。

  • 一般的なじゃがいもの糖度が4〜5度に対して、インカのめざめの糖度は6〜8度と、甘味が特徴です。
    重さが平均50g前後と、小ぶりなじゃがいもで、果肉はきれいな黄色をしています。
    肉質はやや粘質できめが細かく、舌ざわりがとても良いです。
    皮を剥いた後の変色もほとんどなく、加熱調理したも綺麗な濃黄色が活かせます。
    煮崩れしにくいので、シチューやカレー、肉じゃがなどの煮物に向いていますし、揚げ物にも変色しにくく綺麗に仕上がります。
    皮が薄いので皮ごとでも召し上がれます。

    一般的な男爵と比べ、でん粉価が高く、調理加工性に優れ、独特の風味があります。
    小ぶりのじゃがいもですので、大型機械では取りこぼしが多くなることや、収穫量が少なく休眠期間が極めて短いため、長期保存に向いていない事などから、大規模栽培には適さない品種で、生産量は限られており、他の品種より市場には出回っていません。
    長期保存には向かない品種なので、なるべく早く消費します。
    新聞紙で包んでからポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存すると良いです。

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません